【紫外線対策@情報館】 -アレルギー・目・カット・波長など-

塗る日焼け止め編

■紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

塗る日焼け止めに含まれる紫外線を防ぐものとしては、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。 パッケージを見ると、成分がわかりますね。以下に、それぞれの特徴を挙げてみます。

まず、紫外線吸収剤とは、オキシベンゾンやメトキシケイヒ酸オクチルなどです。 吸収剤が紫外線を防ぐ仕組みは、化学反応によるものです。 吸収剤の化学反応で紫外線を吸収して、熱などに変えて、紫外線が肌に入るのを防ぎます。 吸収剤には、UV-Aを吸収するものとUV-Bを吸収するものともにありますが、一般によく使われているのはUV-Bの吸収剤です。

つぎに、紫外線散乱剤とは、酸化チタンや酸化亜鉛などです。 散乱剤が紫外線を防ぐ仕組みは、物理的なものです。 散乱剤は主に粉状で、その形状によって紫外線を乱反射させて、紫外線が肌に入るのを防ぎます。 散乱剤はUV-A、UV-Bともに防げるうえ、肌の負担が少ないのが利点です。 粉状のため、固まりやすかったり、白っぽくなったり、かさついた感じになったりということもありますが、最近のものは どのメーカーでも以前よりよくなってきているので、使い心地も悪くありません。

一般的には、紫外線散乱剤の方が肌には優しいといわれています。 紫外線吸収剤は、時々かゆくなったり赤くなったり、アレルギー反応を起こす人もいます。 たとえば、赤ちゃんや子供も使える日焼け止めには、吸収剤未使用だとかノンケミカルといった表示がされています。 大人でも敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、これらの表記がある日焼け止めを使ったほうがよいでしょう。 しかし、紫外線防止効果が高いのは、紫外線吸収剤の方なのです。

日焼け止めを選ぶ際には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤それぞれの特徴を理解した上で、自分により合ったものを探しましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【紫外線対策@情報館】 -アレルギー・目・カット・波長など- All Rights Reserved.